命の危険のあるレジャーなだけに、自分の機材は安心して使いつづけられるように
メンテナンスが欠かせません。
メンテナンスにも自分でできる日々のお手入れもありますが、業者にお願いする
オーバーホールでのメンテナンスも必要です。

ダイビング機材:年1回はオーバーホールに出しています。
          レギュレーター、ゲージ、オクトパス、1stステージなどで
          10000円〜15000円ほど。期間は2週間程度かかります。

カメラ機材:2年に1度、オーバーホールに出しています。
       主にハウジングですが、シャッター連動フォーカスライト、ポートなども
       オーバーホールに出したりもします。
       ハウジングのオーバーホール費用は約3万。ポートだけなら約1万弱。
       期間は2〜3週間かかります。

 

愛機:NX-100Proをオーバーホールに出したときに戻ってきた作業報告書と交換済みOリング。

Oリングだけで約50個使用しています。

その他にも細かいねじやらワッシャーなども交換されていた模様。

3万が安いか高いか・・・
それは考え方次第でしょう・・・